MENU

美髪になれるシャンプーやコンディショナー情報!

いくつもある「女性の抜け毛が進行する理由」とは

 

「髪の悩みは中年世代の女性が悩まされるもの」というイメージがありますが、最近では20代の若い世代から髪の悩みを持つ人が増えています。

 

そもそも女性らしい丸みを帯びた身体を作る役割や妊娠の準備と妊娠したら妊娠を継続する役割のある、女性ホルモンの「エストロゲン」や「プロゲステロン」の分泌量は20代がピークで、30代後半から少しずつ減少していきます。

 

エストロゲンやプロゲステロンは太くてツヤのある髪を作る役割や、髪の寿命を延ばす役割があるため、分泌量が減少すれば抜け毛をはじめとして様々な髪のトラブルが起こりやすいのですね。

 

更に若い世代は若いからこそできる「生活習慣」が髪の悩みを増やす理由になっています。

 

例えばついつい暴飲暴食をする機会が増えてしまったり、短い睡眠時間でも次の日に疲れが取れるため睡眠不足が重なってしまったり、また最近では男性と同様に働く女性が増え、男性と同じ責任を持つ仕事を任されるようになったストレスや、この世代では初めての出産を終え子育てのストレスを持っている人もいて、ストレスは大きな抜け毛の原因となります。

 

更におしゃれのため、そして薄毛や白髪を隠すためにパーマやカラーを頻繁に行うことも髪にとってはダメージが大きいです。
市販のパーマやカラー液は誰でも簡単に仕上がるように強い成分が含まれているため、両方を行う場合にはできれば美容院で1ヶ月程度期間を空けて行い、自宅でもトリートメントを使って髪をケアしてあげましょう。